Minty 〜AUSワーホリブログ〜

Working holidays by Ayaka.オーストラリアワーキングホリデーの日々の記録(๑´ڡ`๑)

28歳女子の場合!ワーキングホリデーオーストラリアの持ち物リスト


スポンサードリンク

ついに、オーストラリアに到着しました! Ayakaです!

f:id:ayaroma:20170325190111j:plain

忘れないうちに、私のワーホリの持ち物リストを書いておこうと思います^^

 

着いてからもホストファザーに「Your baggage is so heavy!」と言われたくらい、詰め込んできたので、すでに「これいらなかったんじゃ…」と思うものもチラホラ。。。

 

でも、これからワーホリに行く! という方はまずパッキングが大変でしょうから、ご参考までに、私が持ってきたものをご紹介しますね♪

 

当日のコーディネート(3月出発)

  • コート
  • ニットカーディガン
  • ダンガリーシャツ
  • 白Tシャツ
  • キャミソール
  • ラフなパンツ
  • ショートブーツ

コートは、こちらでは必要ありませんが飛行機の中で布団として大分役に立ちました!

ニットを着ていくつもりでしたが、暑かったら脱げる重ね着に。これは大成功。ゴールドコースト空港についた瞬間、日本とは雲泥の差の暖かさにびっくり。3月ならTシャツ短パンで十分ですww

ショートブーツは、失敗。ゴールドコーストバイロンベイも、想像以上にトロピカルな印象。ブーツよりスニーカーの方が正解でした。。

手荷物(機内持ち込み)・・・私は小さなリュック1つにしました♪

  • パスポート
  • クレジットカード、デビットカード
  • キャッシュカード
  • ワーホリビザアカウントのコピー
  • ホームステイ先の詳細のコピー
    飛行機内の入国カードを書くときに住所が必要です♪
  • メイク落とし、洗顔、タオル
    長時間のフライトでは、美肌のためにもメイクを落とすのが吉♪ 小さいトラベルサイズなら機内に持ち込み出来るので、出発前のトイレで洗顔しました。
  • 歯磨き
    洗顔と同じで、出発前にしておくとサッパリします。
  • ホストファミリーへのお土産
    全世界で人気のキットカット宇治抹茶味を空港で購入し、機内に持ち込み。
  • メディキュット
    エコノミー症候群によるむくみ予防。必須です。
  • 漫画
    暇つぶし用の漫画。出発後、最初のディナーまでの間に重宝しました!
  • トラベル英会話ブック
    薄いタイプの英会話参考書。飛行機の中での英会話や、入国審査の英会話などをすぐに確認できるので役に立つ!

スーツケース・・・80Lサイズに詰め込みました!

  • 下着 6セット
  • 靴下 6セット
  • ヒートテック 3枚 
    2枚で良かったと思います。。
  • パッド付きキャミソール 2枚
  • キャミソール 2枚
    両方1枚ずつで良かった。。(笑)
  • Tシャツ 4枚
  • ジーンズ 1枚
  • デニムショーパン 1枚
  • シャツ 1枚
  • パーカー 1枚
  • ウィンドブレーカー 1枚
  • ニットプルオーバー 1枚
    バイロンベイはおもったより暖かいので出番が見当たらなさそう。。
  • フォーマルジャケット 1枚
    面接などで使える! と友人に言われて持ってきてみました。着るかなあ?w
  • キャミマキシドレス 1枚
    れいめなドレスも一応1枚。
  • 水着 3セット
  • ポンチョ型タオル 1枚
    ウェットスーツの着替えができるサーフィン用ポンチョ型タオル。タオルがかさばると思ったので、バスタオルと併用でこれ1枚のみ持ってきました。
  • ミニタオル 1枚
  • スニーカー 1足
  • ビーチサンダル 1足
  • 生理用品 3ヶ月分くらい
    こっちのスーパーでも買える気がw 質が気になるから多めに持っていきましたが、こんなにいらなかったかな。。スーツケースの穴埋めには重宝します!
  • 基礎化粧品一式
    私の場合、初期費用が少なめで不安だったのと、肌に合うものをすぐに見つける自信がなかったので一式持っていきました。
    化粧水・乳液・クレンジングオイル・洗顔料・シャンプー・リンス・トリートメント
    荷物を軽くしたい方は、現地で買うのがおすすめです。
  • 爪切り
  • 電気シェーバー
  • アロマオイル
    個人的に好きなので、ストレスケア用に。
  • お気に入りのぬいぐるみ
    これは私だけかもしれませんが、精神安定剤的な役割があるので、圧縮袋に入れて持ってきましたww(笑)
  • 勉強用ノート、筆記用具
    オーストラリアは物価が高いので、勉強用文具は日本で用意するのが吉。
    私は無印のノート3冊、A4クリアファイル3枚、A4ファイル入れ1つ、ペン、マーカー等を持ってきました。(最初5冊持ってこようとしていた…絶対そんなにいらない)
  • PC
    愛用のMacbook。調べ物はもちろん、ブログ書くのに使いたかったので、必須!
  • 各充電器
  • 電気変換器
    これ、絶対必要です!オーストラリアはコンセントの形が違うので、日本の充電器を持ってきてもそのままでは使えません!日本の電気屋さんで、Oタイプの電気変換器を用意しておきましょう。
  • トートバッグ
    通学用にと思って。結果、リュックが1つあればいらない!
  • リゾート用のクラッチバッグ
    これは本当にいらなかった。。(笑)
  • 洗濯ネット
    これは必須。
  • 洗濯用簡易物干し
    100均のでいいからあると部屋に下着が干せるので重宝!

ボディボードケース

ホストファミリーもサーファーが多いですが、やはり自分の慣れたボードで乗りたいなら持っていくのが吉♪ 

 

 

結論・私は少し多すぎた…かな?

もともとミニマリストじゃないので、荷物を片付けて1つのスーツケースにしぼるのは、とっっても大変な作業でした。

いらない古着を売りさばき、捨て、しぼりこんだ厳選品…のはず。だったのに。

 

いざ来てみると「こんなにいらないな…服も何もかも」と感じています。

 

基本的に、オーストラリアではなんでも揃います!
そして、ワーホリの期間だけ…と絞れば、最低限の荷物でやりくりできるはずですよね。

私は持ってきすぎましたww

持ってきすぎたら、捨てればいい…と思うかもしれませんが、ホストファミリーのうちでそんなに大きいゴミを捨てるのも気が引けます。。。

 

ワーホリに来るなら、小さめのスーツケース1つに収めるくらいの勢いで、断舎離することをおすすめします!